社内での取り組み

インフラ設備のライフサイクルを向上させる
キョクメタのブラストクオリティ

社会インフラ設備のライフサイクルを向上することが目的であるブラスト工法。
10年経過しても錆びない施工をモットーに、弊社では10年後の成果物を見据えた施工を行うため、更なる技術力の向上を目指し、日々研究しています。

徹底した教育による高い技術力

職人育成カリキュラム

入社後育成カリキュラムを徹底しており、長年培った技術力を現場に応じた徹底的なマンツーマン形式の指導で先輩から後輩へ伝承していき、あらゆる現場に対応できる質の高い職人を育てています。
弊社では、入社後すぐにブラスト操作に入らず、まずは名古屋営業所の工場内にてブラストの基礎を学ぶ、ブラストの釜番を担当してブラスト作業のチームワーク・一連の流れを把握するようにしています。そうすることで、ブラスト操作を担当したときに、他の方との円滑な連携を図ることができ、業務習得の向上・作業効率化を図っています。

職人育成カリキュラム

職人と新人社員との差

弊社では従来からの日本人が持つ職人気質を大事に守り育てています。それはブラスト技術が説明だけでない、感覚の技術も必要となることからも言えます。40年以上の実績と経験を先輩ブラスト職人から新人へ技術の指導を行い、技術向上を目指します。具体的な差としては、産業廃棄物の量の違い、施工の段取り、1日あたりの施工面積の差が上げられます。

職人 新人社員
産業廃棄物の量 1,000kg 1,500kg
施工面積 25~40㎡/日 10~30㎡/日
施工段取り 10分/箇所 20分/箇所

作業員のチームワークで徹底した作業効率化

前述の通り、弊社では新人の方にはまずブラスト釜番から担当していただきます。釜番は現場でブラスト施工をしている方の状況を全体的に把握して作業をしているので、担当することで全体の流れを理解できます。釜番後、実際にブラスト施工を行う際、釜番のことも把握して作業に取り組むことが出来るので、業務に取り組む方が全員状況を把握し、他の方と連携しながら作業することができます。塗装現場ではチームワークの良さが作業効率化に繋がると弊社は考えております。

徹底した教育による高い技術力

技術の研究

これまでに培った技術や経験の継承にとどまらず、常に技術力の向上・作業効率化を図るため、新しい技術に関しても情報収集を行い、研究・導入しています。

空気圧(コンプレッサー)の検討

弊社では長年空気圧を0.7Mhpaに設定して施工をしてまいりました。この度、この空気圧を1.0Mhpaに上げることで1秒当たりの施工面積の向上と研削材の使用割合を向上させ、作業のスピードアップを目指して研究しています。

研削材の種類検討

ブラストで使用する研削材も、現場や対象物に合わせて変更し、より仕上がりの良いものを目指しています。また、研削材製造メーカーより試作品の試験依頼が来ることもあり、現場ごとに適した材料を使えるように共同で研究しています。

研削材の粒子の大きさ検討

弊社では研削材の粒度にもこだわっています。
ただ単に塗膜を除去するだけではなく、見た目の仕上がりにもこだわり、日々研削材の研究をしております。

新しい機械の導入

平成27年8月に関西では初となる電磁誘導式塗装被膜除去装置(RPR)を導入しました。実用化に向けて、現在研究中ではありますが、作業時間の短縮・作業環境の改善を図っています。

RPR